*

公開日: : 最終更新日:2015/07/04 内臓

Pocket

胃の解剖

胃は食道から続く器官で食べ物を消化する働きがある。

解剖での場所は

●噴門

●幽門

●胃底部

●胃体部

●幽門部

●大弯

●小弯

におおよそ分かれます。

 

それぞれ説明していきます。

●噴門

食物が入る所で弁の役割をする噴門括約筋がある。

噴門には噴門腺があり粘液を分泌する。

 

●幽門

食物が十二指腸へ送られるところであり幽門括約筋がある。

 

●胃底部

胃底部は上部にあるが手術などをするときに術者からみると

底部になるので胃底部とされている。

胃底腺がありペプシノーゲン、塩酸、粘液を分泌する。

※ペプシノーゲン~タンパク質分解酵素で塩酸と交わってペプシンに変わる。

 

●胃体部

胃体部は胃の中央にあります。

胃体部にも胃底腺がありペプシノーゲン、塩酸、粘液を分泌する。

 

●幽門部

幽門部には粘液やガストリンと呼ばれる消化ホルモンを分泌するところがある。

ガストリン~G細胞から分泌し胃酸の分泌促進とヒスタミンの分泌促進作用がある。

 

胃液の主な成分

1、消化酵素

消化酵素は大きく分けて

●ペプシン~タンパク質を分解

●リパーゼ~脂質を分解

●マルターゼ~デンプンを分解

 

2、塩酸

強酸性で殺菌と腐敗を防いでいる。

膵液と胆汁の分泌を促進する。

 

3、粘液

胃の粘膜を保護する働きがある。

 

 

 

胃酸分泌を命令する物質

●ガストリン~肥満細胞に働きかけヒスタミンの分泌促進

●ヒスタミン~肥満細胞からヒスタミンを分泌させる

●アセチルコリン~副交感神経からの命令により分泌しヒスタミンを分泌する

 

【豆知識】

人間は本来果食動物である。

 

本当に果食動物なのだろうかここで少しイメージしていただきたい。

 

ぽかぽかと温かい日差しの中あなたは公園のベンチに座った。

風が気持ちいい。

あなたは本を読みながら休日ののんびりとした時間を過ごしていた。

ベンチに座ると大きな木が日差しをよけてくれる。

ふと木を見るとそこにリスがいた。

あなたはリスをみて何を思うだろうか。

瞳孔を開いて狂わんばかりに襲い掛かるだろうか?

リスに食らいつき骨も残らないほど夢中になり肉の感覚を楽しむだろうか?

そうではないはずだ。

「かわいい」とは思っても「おいしそう」とは思わないであろう。

それが本能というものだ。

しかしもしその木に真っ赤なサクランボがなっていたらどうだ?

 

ほとんどの人がおいしそうと思うはずだ。

くわしくはフィットフォーライフに載せているので参考にしていただきたい。

 

【フィットフォーライフ】

・ニューヨークタイムズ紙のベストセラーリストで40週連続1位の快挙を達成。
・聖書などと並び「パブリッシャー・ウィークリー」誌が「世界の名著べスト25」に認定。

書籍紹介のページに私の感想も書いてあるので参考にしていただきたい。

東洋医学の観点から見た胃

●胃と脾は「土」の属性を持つ

土は一切の物質をのせる性質がある。

他の金、木、水、火の作用は土の上に載せるという特徴の下で生じている。

土は五行の中で最も重要なもので、万物の母と言われている。

 

●胃は陽を脾は陰を表す

 

●胃は脾と一体になって働き消化したエネルギーを肺に送り全身に送り出します。

消化されたエネルギーは肺経に送られ体全体に流れる。

 

●口や唇に現れる。胃が荒れると口内炎などになる。

 

●意欲、知恵を司る

 

●物思いにふけすぎると気が固まって脾や胃に害を及ぼす

 

胃まとめ

構造的には食物を殺菌したり消化をしたりする非常に大切なところである。

東洋医学の観点では胃や脾は五行の全ての土台となる土の性質を持っていたり

食べるところの起点となる口や唇非常に大事なところと言えるだろう。

The following two tabs change content below.
宅見 惇
宅見惇 【国家資格 柔道整復師】 専門学校卒業後整形外科で3年働きながらオーストラリアのカイロプラクティックの大学を出た先生に師事する。アメリカ2大アスリートケアの一つである【グラストンテクニック】を取得し札幌では初めてのクリニシャン。 カイロプラクティック、オステオパシーなど様々な療法を学び、クライアントの治癒の手助けを出来るものはないかと悩んでいたところボディートーク療法に出会う。柔道整復師では3人目となる米国IBA認定ボディートーク施術士である。 北海道でも数少ないプロトコールチャートをマスターした一人である。
宅見 惇

最新記事 by 宅見 惇 (全て見る)

関連記事

0503060007

心臓

心臓の構造と機能 心臓の解剖を大きく分けて説明していきます。 ●心房 ・右心房~一番酸

記事を読む

0503081007

小腸

小腸の解剖、生理学 小腸の解剖は大きく分けて ●十二指腸 ●空腸 ●回腸

記事を読む

0116060008

腎臓

腎臓の解剖生理学 腎臓の働き 働き① 毒素や老廃物の除去 腎臓はフィルターのようなもの

記事を読む

3991-450x337

肝臓

今回は肝心かなめと言われている肝臓の内容を説明していきます。 肝臓の解剖学 ●肝臓の特徴

記事を読む

20130516171933

胆嚢

胆嚢の働き ●胆嚢の解剖 胆嚢は胆嚢体からなり胆嚢管を経て総胆管へ合流し オッディーの

記事を読む

4052-450x337

肺の構造 肺の構造を説明します。 肺は大きく分けて ●気管 ●気管支 ●細

記事を読む

20130510091627

大腸

大腸の解剖、生理学 ●大腸の区分 1、盲腸 2、虫垂 3、結腸 4、直腸

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
施術可能項目について

これも施術できますか? といった声がしばしば聞こえてきます。

chakra-1
第八チャクラ

今回は第八チャクラについて書いていきます。 第八? と思っ

814
マトリックス力学

マトリックスとは基盤や母体のような意味があります。 エネルギー体

8889248425846
皇居でエネルギーワークをしてきました。

先日上級マインドスケープに行ってきました。 その時に皇居の庭で自

o0545039813611005525
最新の医療は情報医療である。(重要回)

今日は量子物理学と医療のお話。 重要回なので是非動画をみてくださ

→もっと見る

PAGE TOP ↑