*

マトリックス力学

公開日: : ボディートーク理論


マトリックスとは基盤や母体のような意味があります。

エネルギー体マトリックスは大きく分けて個人と集団があります。

悪いエネルギーのマトリックスは取らないと痛みや病気に繋がっていきます。

今回はそれがどのように病気になっていくのかを説明していきます。

 

個人マトリックス

個人の心身複合体にあるマトリックスです。

内容が難しいので全て話すのは割愛しますが自分自身はこうであるといった一連の信念システムのエネルギーがある場所にとりつくのがマトリックスの形成の始まりです。

マトリックスは自分自身で作り上げたり恐れからも誘発されて形成します。

あとは人からの投影マトリックス、その影響を受ける侵入マトリックスというものがあります。

投影は「人をコントロールしたい」などの人に対するエネルギーです。

反対に受ける側のエネルギーが侵入マトリックスです。

実際に私も侵入マトリックスが出た時がありました。

その時は背中が夕方になると締め付けられるような感じになり非常に苦しかったのを覚えています。

どんな治療をしても一向に改善しませんでした。

そのときボディートークで「支配コントロールする」という侵入マトリックスが自分の背中に入り込んでいる。

といったものが出てきました。

実際にそのセッションをした後はなぜあんなに痛かったのだろうと思うくらい痛みが取れました。

小児喘息などもお母さんが子供にいうことを聞かせたいといった侵入マトリックスが原因となることもあるそうです。

 

基本的にはマトリックスのエネルギーを取ることが望ましいのですが稀に取り付けることもあります。

例えば○○しすぎたり、○○できなかったりの極端な場合です。

肝臓の意識は「計画する」といった意識があります。

計画が出来なさすぎる人はもしかしたら肝臓にマトリックスを取り付け一時的に計画をできるようにサポートする

といった具合です。

 

幽霊?エンティティ―の概念

エンティティ―とはマトリックスを生み出した人間が死に行き場を失ったエネルギーが人にとりつくことを言います。

基本的に恐れていたりすると入りやすくなったり、病院でなったりすることもあるそうです。

気づかない場合と他人から気づかれる2つのパターンがあります。

人が急に変わってしまったなどはもしかしたら人の想念が乗り移ってしまった可能性もあります。

実際にフィリピンでは人にブラックマジックなるものをかける呪いのようなものが実際に文化として存在します。

目に見えないものも実際にあるのだということを認識することが大事そうですね。

臓器移植などもその臓器に付着していたマトリックスが原因で移植された人に好き嫌いや固定概念などを体験し始めます。

ボディートークを使えばその新しい宿主に拒絶される恐れを軽減することができます。

 

複合体マトリックス

家族と集団が存在します。

家族間での絆を深めたり、逆に多すぎる場合引き離すようなことをします。

集団のマトリックスはその集団の男性性と女性性のリーダーのようなエネルギーが存在しています。

そのリーダーが適正な人でないと病気になったりします。

例ではあるOLのグループがあったそうでそのリーダーが辞めて違う適切な人に女性のリーダーがなるはずが

会社から代わりの人を用意され、それのせいでグループの人が乳癌になったりなどの病気を発症したケースもあります。

その人が辞めて元々の人がリーダーになると病気などもなくなったとか。

いろんなことが原因でありますね。

 

あとは子供が欲しい場合にも集合体の子供のスペースを確保してあげることで生まれやすくなってきます。

チームに新しく加わるのにもそのスペースは有効です。

 

ビジネスマトリックス

課題にビジネスマトリックスをセットすることも可能です。

例えば新しく店を開く人が

・資金

・顧客

・目標と期限

・情報

などといったほしいものを列挙していき、本人とそのエネルギーがうまく流れるようにセッションしていきます。

やった人の効果も反響がよく欲しいものが向こうから来るなどのエネルギーが潤滑に流れるようになります。

 

The following two tabs change content below.
宅見 惇
宅見惇 【国家資格 柔道整復師】 専門学校卒業後整形外科で3年働きながらオーストラリアのカイロプラクティックの大学を出た先生に師事する。アメリカ2大アスリートケアの一つである【グラストンテクニック】を取得し札幌では初めてのクリニシャン。 カイロプラクティック、オステオパシーなど様々な療法を学び、クライアントの治癒の手助けを出来るものはないかと悩んでいたところボディートーク療法に出会う。柔道整復師では3人目となる米国IBA認定ボディートーク施術士である。 北海道でも数少ないプロトコールチャートをマスターした一人である。
宅見 惇

最新記事 by 宅見 惇 (全て見る)

関連記事

LIG86_konnakaisyayameteyaruwa-thumb-815xauto-16285

感情と私たちの行動

私たちが生きていくうえで必ず感情というものが発生します。 感情は必要なもので目的があります。

記事を読む

ダウンロード

ボディートーク理論まとめ

だいぶボディートークの理論などを理解していただけたと思います。 ここでボディートークの理論まと

記事を読む

マトリックス

マトリックスの映画

映画MATRIXはご存知でしょうか? あの映画は単なるSFかと思いきや実はかなり深いこ

記事を読む

72e4b715cb7ff85ce62c379ac7d2d272-1024x716

アレルギー、アトピーとボディートーク

今回はアトピーやアレルギーについて書いていこうと思います。 アトピーの語源はギリシャ語のアポト

記事を読む

152

ボディートークとミラーリング

自分自身というものは今までの経験から作られたものであり、 物事の判断や考え方などはその人の今ま

記事を読む

session_1(1)

ボディートーク理論④

少しずつ見えてきましたね。 最初は意識から始まりなんぞや? と思ったかもしれません。 しかし応

記事を読む

fd7b29ec-s

~ボディートークと感情~ 感情が溜まる4つの種類

人間は感情の生き物です。 私たちは感情をコントロールすることはできません。 例えば人から

記事を読む

max16011556_TP_V

未来のパフォーマンスを100%発揮させるには

ボディートークのテクニックで未来に向けて準備するテクニックがあります。 その名は「パフォーマン

記事を読む

light-567757_640

ボディートーク理論②

ボディートークの理論②ということで説明していきます。 皆さん周波数というものはご存知でしょうか?

記事を読む

muscletest_1

どこまで詳しく出てくるのか

ボディートークはどれだけ詳しい内容が出てくるかを書こうと思います。   例えば

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
施術可能項目について

これも施術できますか? といった声がしばしば聞こえてきます。

chakra-1
第八チャクラ

今回は第八チャクラについて書いていきます。 第八? と思っ

814
マトリックス力学

マトリックスとは基盤や母体のような意味があります。 エネルギー体

8889248425846
皇居でエネルギーワークをしてきました。

先日上級マインドスケープに行ってきました。 その時に皇居の庭で自

o0545039813611005525
最新の医療は情報医療である。(重要回)

今日は量子物理学と医療のお話。 重要回なので是非動画をみてくださ

→もっと見る

PAGE TOP ↑